窃盗事件と刑事事件の関係についての説明

窃盗事件を起こしてしまった場合

赤い路面電車があるレトロな町並み窃盗の罪を犯した後、適切な対応をしなかった場合において、被害者から刑事事件として扱われてしまうことがあります。
これについては窃盗罪という罪状が成立することとなり、金銭的賠償の他に懲役刑や罰金刑に科せられることがあります。

窃盗罪で科せられる刑罰

罰金刑に科せられると刑務所に入ることはありませんが、さらに多くの金銭的負担を強いられることになります。
刑事罰として罰金刑になった場合においては、被害者ではなく国庫にお金を支払っていくことが多いです。
また刑事罰において懲役刑というものもありますが、通常は盗みだけではあまり科せられることがないです。
ただ被害者や関係者に怪我などをさせてしまうと、強盗致傷罪が適用されてしまうことがあります。
そうなると罪状もより重いものへとなってしまうので、刑事事件として告訴された時に懲役刑を科せられることがあります。

近年未成年による盗みの事件が増加傾向

 未成年の窃盗罪は主に万引きと呼ばれる行為によります。
現場で現行犯逮捕でつかまってしまうことがあります。
加害者の心情として罪悪感を感じていないことが多く、そのため気軽に行ってしまうことが多いです。
また軽い気持ちやスリルを味わうために犯行を行う未成年もいるため、コンビニやスーパーなどで被害が多発しています。

被害額の金額が低くても犯罪は犯罪です

特徴として数十円の品物1つだけの盗みであっても、立派な窃盗罪が成立することになります。
基本的にはお店の事務室などに万引き犯を呼び出して、反省させて終了する流れが一般的です。
しかし中には反省していない万引き犯もいるため、そういった場合には警察に連絡して対応をすることがあります。
それでも被害を弁償しない場合において、刑事事件として被害者が告訴するというケースに発展することもあります。