飲酒運転で事件・事故を起こしてしまったら?

飲酒運転事故で取るべき対処法

飲酒運転で刑事事件を起こしてしまった時、状況を悪化させないためにできる事とはなんでしょうか?
飲酒運転はその名の通り、お酒を飲んだ状態で車を運転することで、捕まれば非常に思い罪に問われることになります。
飲酒運転はその程度によって酒気帯び運転、酒酔い運転に分けることができます。

お酒によって起こした事故は責任重大

前者の酒気帯びはアルコールの検知器が反応する状態で運転をしている状態のことをさします。
その点酒酔い運転はすでに酔いによって正常な判断、運転ができていない状態のことをさし、前者よりもさらに思い罪、罰金がかせられることになります。
本来お酒を飲んだら運転はしない、これはあたり前のことではあるのですが、もしも万が一、それで交通事故を起こしてしまえばそのまま刑事事件として処理されることになります。
もしも被害者が出ている場合、さらにはけが人や死亡者が出ているという場合にはさらに問題は大きくなり、初犯であっても実刑判決が出ることもあるのです。

弁護士ができるだけ負担を軽くしてくれます

もちろん、これは自分が行った行為に対する罰なので、致し方ないことではあるのですが、状況を少しでも良いものにしていきたいと考えるのは当然のことです。
少しでも加害者の負担が減らせるように、執行猶予つきの判決を得られるように、そういった案件を多く取り扱っている弁護士に依頼するのも一つの手です。
しっかりと自分の行為に対して反省を行うこと、そして被害者側に対して誠心誠意対応していくこと、これが執行猶予つきの判決を得るためには欠かせないポイントです。
もちろん、弁護士の腕によっても多少、その結果に違いが出てくることはあるでしょうが、まずは自分がそれ相応の態度を見せていくことが大切です。
弁護士事務所によってはその状況に応じた対処方法をしっかりと指導してくれるところもあるので、利用したい場合にはまず、そういった頼れる弁護士事務所を探すことからはじめて行きましょう。